40歳のLOST&FOUND

タグ:KTS PRO40 ( 8 ) タグの人気記事

元気が出る鉄道写真2011 ~振り返り(3)~

さて、最後の1点はこれです。
a0132635_22481151.jpg


この画はここでアップしたものなのですが、今回の写真展のために撮りに行ったものです。ですが当初は出展しないつもりだったんです。なぜか?・・・ブレているのです。手ぶれではなくカメラブレ、いや地面ブレ。

車両のヘッドライトで輝くレールを、望遠で圧縮して撮影したのですが、撮影データは以下の通りです。
ISO       800
シャッタースピード 1/6
絞り       F6.3
マニュアル露出
焦点距離    200mm+×1.4エクステンダー (APS-Cなのでフルサイズ換算焦点距離 : 448mm )
マニュアルフォーカス

江ノ電の併用起動で撮影したので、近くを大型車が通ると、地面が揺れるのです。ISなんてほとんど効きません。何枚撮っても、輝いている部分のレールがブレるのです。

苦肉の策として、三脚を使用してみました。いつものこれです。まじめに撮影に行くときはだいたい持っていく(大きなのはまず持っていかない)ので、今回もこれを使用してみました。

ご存知の通り、この三脚、脚がとても細いのです。体重をかけるとしなります。ん?しなる?これ使えないかな?ということで、三脚に取り付けたカメラを両手と額で押さえつけてみました。ぐわんぐわん上下します。まるで硬いスプリングのように。・・・これがね、いいのです。大型車が通って地面が揺れたときにクッションとなって揺れを吸収してくれるのです。これとISを併用してなんとか撮ったが冒頭の画です。

レール部分を拡大して見るとこんな感じです。
a0132635_2344929.jpg


それでもブレてますね。(汗)

もう1点撮影時に気をつけたのは、ゴーストです。ヘッドライトの光でおっきなのが出てしまうのです。いろいろ試した結果、ヘッドライトの中心点から少し下にフレームを下げれば発生しないということがわかりました。なので冒頭の画では微妙にライトが写って(切れて)ます。

最終的にA4でプリントして見た結果、自分の中ではブレも許容範囲でしたので、予定を変更して出品となりました。

今回の「元気が出る鉄道写真」というテーマは難しかったです。自分としてどう解釈するのか?元気が出る画柄?人物を絡めた画?どうなんでしょう。・・・
まずは出展する「自分自身が元気になれる画」であるべきかなと。自分が元気になれる画とは、「また行ってみたくなる、撮ってみたくなるような情景」・・・そんな風に考えてみました。

次回以降、山形鉄道で撮影した画を紹介したいと思います。

~ 完 ~
[PR]
by 1969lost_found | 2011-11-13 23:19 | 鉄道スナップ

八ヶ岳連峰(3) ~ 夜明け ~

a0132635_104192.jpg

a0132635_105778.jpg

[PR]
by 1969lost_found | 2011-10-01 01:01 |

八ヶ岳連峰(1) ~ 天空の庭 ~

a0132635_2252035.jpg

a0132635_22521959.jpg

a0132635_22524284.jpg

a0132635_22525988.jpg


硫黄岳~赤岳天望荘
[PR]
by 1969lost_found | 2011-09-26 22:53 |

画期的なミニ三脚の使用法?

先日、アメ横をDP2とKTS&ミニ三脚でスナップしてきました。
その時に気がついた画期的な使用方法をご紹介します。
コンデジ使用の時に絶大なる効果を発揮します。

とってもカンタンです。

まずはこちらをご覧ください。

私のセットもほぼ同じです。雲台は色違いの赤で、もうひとサイズ小さい40、脚は全く同じものを使っています。(ちなみに、この記事の3人のうちの1人はワタシです。汗)

次に使用方法ですが、

①コンデジの三脚穴に雲台&三脚を取り付ける。
②コンデジのボディーを両手で持つ。このとき、両親指はボディーの底にあてがう。三脚の脚はどこにも付けず、ぶらぶらさせておく。
③そぉ~っとレリーズボタンを押す。

以上です。

。。。

ただこれだけです。
a0132635_2039298.jpg

でもね、これがとってもいいのですよ。雲台&三脚の重みですごく安定します。
手ぶれが起きにくいのです。

DP2は手ぶれ補正がついていないし、高感度も強くないので、昼間でもスローシャッターを使わざるを得ないことが多くなります。なので、最近はミニ三脚を使うことが多くなりました。手持ちの時は仕方がないので2秒タイマーを併用して、息を止めてそぉ~っと撮ってました。(だったらデジイチ使えよ、って感じですが。笑)
で、スナップするときはDP2に三脚をつけたまま、脚を縮めた状態で、ストラップを首にかけて移動したりするわけです。そうすると、結局めんどくさくなって、脚を伸ばさずに手持ちでパチリと。。。
するとどうでしょう。手ぶれしないんですよ。1/50 OK、1/15 OK、1/8 OK。。。なんと、1秒までOKでした!
両親指で下からしっかり支えるので、レリーズ時の下向きの力がきっちり吸収できるというわけです。

あと、さらに言えば、脚は少し伸ばしておいたほうがより安定するような気がします。
上向きアングルの撮影では、雲台の首を緩めて上に向け、三脚の脚が鉛直方向に向くようにしてから締め付ければOK!下向きアングルの場合も同様です。
コンデジでの手ぶれ問題という、私にとっての大きな課題が一つクリアされました。

是非お試しください!(えっ、もう知ってた?)
[PR]
by 1969lost_found | 2010-02-09 20:52 | 撮影方法

ごちゃごちゃです。

でも、銀座よりも性に合ってます。(笑)
今回、私にとって画期的なミニ三脚の使用方法を発見しました。
追ってご紹介します。
a0132635_10151161.jpg

a0132635_10153070.jpg

a0132635_1015435.jpg

a0132635_10155733.jpg

それにしてもDP2のWBって難しい!
[PR]
by 1969lost_found | 2010-02-07 10:17 | 街スナップ

伝家の宝刀

実習中は10-22をメインに撮影しました。
a0132635_2264788.jpg


実習終了後は、伝家の宝刀:5DmarkⅡ+Planar 1.4/50+KTSでMF撮影。
もう病みつきです。
a0132635_2284821.jpg

a0132635_22163241.jpg

[PR]
by 1969lost_found | 2010-01-25 22:09 | 鉄道スナップ

KTS PRO40

久しぶりに機材ネタを。

先日購入したKTS PRO40についてのインプレッションのリクエストをいただきましたので、以下にご報告いたします。
開発経緯等については広田泉先生のブログに掲載されていますので、こちらを参照ください。

まずは、外観から。
a0132635_23333958.jpg

a0132635_2333569.jpg

a0132635_23341030.jpg

a0132635_23342853.jpg

a0132635_23344245.jpg


美しいです。飾って眺めたいくらいです。
ですが、機材は使い倒してナンボですから、いろいろと試してみました。
3枚目ですが、縦位置撮影用に倒すための切り欠きは一方向にしかついていないので最初戸惑いました。
5枚目は三脚側から見た画像ですが、U1/4-U3/8ネジ変換アダプターが付属しており、国内外の三脚に対応可能となっています。ちなみにこのアダプターを付けたまま、最初にしょぼい一脚に装着したところ、アダプターだけ一脚側に置き去りになり、取れなくなっちゃいました。(涙) アダプターは追加で量販店で購入しました。

私のメインの使い方は、今のところ、
  ・5Dmark2+プラナー1.4/50 でライブビューMF、絞り込み撮影
  ・DP2 でライブビューMF、絞り込み撮影
が主な用途ですので、小型三脚、小型雲台で事足ります。ちなみに手持ちの三脚は、
  ・Velbon Geo Carmagne E445L  (使用割合60%)   
  ・Velbon Sherpa Active(ULTRAMAXiM) (使用割合30%)
  ・SLIK ABLE400 DXLE (使用割合10%)
であり、Velbonの2台は、PRO40とのバランスもとてもよいです。

なお、KTS雲台の耐荷重を調べたところ、
   PRO40 :  6kg
   PRO50 :  8kg
   PRO60 : 10kg
だそうです。

そこで、手持ちの機材を最大限積んで耐えられるか、試してみました。
   ・5Dmark2+バッテリーグリップ
   ・EF70-200 F4L+エクステンダー×1.4+三脚座
   ・サンパック小型クリップオンストロボ+ブラケット+オフカメラシューコード
   ・単3電池計8本
しめて3.3kg。これ以上の組み合わせは思いつきませんでした。。。10kgっていったいどんだけだよ!
私個人としては絶対にありえない組み合わせです。
全然関係ないですが、こんなことやって遊んでいたら、子供のころに手持ちのミクロマンをすべて合体させて楽しく遊んだことを思い出しました。(爆)

せっかくなので記念写真を。
a0132635_2335102.jpg


この細い首とちっちゃなボールでがっちりと固定されています。
a0132635_23353074.jpg

a0132635_23354479.jpg


ブツ撮り用の白パネルを後ろに置いてきっちり撮ろうとしたのですが、被写体が大きすぎてはみ出してしまい、あきらめました。(汗)

軽くひねるだけで確実に止まり、この重量ではびくともしませんでした。少し首を下に傾けても微動だにせず、三脚の方がひっくり返りそうになる始末。

PRO50も導入しようと思っているのですが、私の用途ではPRO40でも全然問題なさそうです。
また、巷では、この雲台にクイックシューをつけるのがはやりのようですが、中間接続部があると固定の信頼度が低下する懸念があります。確かに便利なのでしょうが、あまり付け外しもしないし、精度の高い作りを楽しみたいので、当分クイックシューは無しで行く予定です。
[PR]
by 1969lost_found | 2009-12-30 23:41 | 機材

匠の技

昨日、届きました。

a0132635_187261.jpg


素晴らしい完成度、そして、

美しい。

実は昨日の晩、これを撮っていて、終わったら夜中の3時でした。(汗)

欲しい機材リストは凍結し、物欲小出し中です。(笑)
[PR]
by 1969lost_found | 2009-11-29 18:09 | 機材