40歳のLOST&FOUND

RAW現像とカラーマッチングに関するセミナー(1)

今回機会がありこのようなセミナーを受講させていただきました。
場所は、EIZO®のブランドでおなじみの株式会社ナナオさんのショールームである「EIZOガレリア銀座」です。私が所属するサークルのメンバー数名と特別参加のこの方が受講生。特別講師にこの方をお迎えしてのセミナーです。
このセミナーは、モニターとプリントのカラーマッチングについてだけではなく、(株)市川ソフトラボラトリーさんの
SILKYPIXを使って、RAW現像も学べてしまうというコラボセミナーなのです。

個人的には、RAW現像ソフトとしてメインにSILKYPIX Developer Studio Proを常用していますし、モニターについてはこの通りの状況で買い換えを検討していますので、なんともタイムリーすぎる企画です。期待がどんどん高まります。(ってどんな期待?)

というわけでこのセミナーの様子をレポートしたいと思います。

第1部 SILKYPIXを活用したRAW現像

最近ベータ版が公表されたSILKYPIX Developer Studio Pro5がとても気になっていたところですが、今回これを使用しての講義でした。

最新版ではありますが、使い勝手の大きな違いはなく、DSProユーザーとしてはすんなり入って行けます。まずはRAW現像の基本的な手順:「明るさ調整→WB調整→コントラスト調整」を実操作を見せていただきながら学びました。この手順は基本ですが、まずここをきっちり決めることが大切です。いきなり彩度や個別の色をいじってしまうと収拾がつかなくなる。。。こういうことはよくありました。(汗)
その後さらに実操作をしながら各機能の解説をしていただきました。随所に鉄道写真ならではの現像テクニックもあったりして非常に内容の濃い講義でしたので、ここぞとばかりに普段もやもやしたことを質問しまくりました。(苦笑)
以下、私が今回学んだ点:◎、再確認した点:○ についていくつか書いておきます。(全部書ききれません)

 ○「ホワイトバランス」の「暗部調整」は、高感度撮影の時に夜空が赤くなってしまった場合など、黒が黒になっていない
  ときに調整する。

 ○「調子」の「コントラスト」はトーンカーブをS字にすること、「コントラスト中心」はS字の中心を移動すること、「ガンマ」は  カーブを持ちあげたり下げたりすること。。。つまりトーンカーブを直接触らなくても同じことがスライダーで調整できる。

 ◎レベル調整でシャドーとハイライトをぎりぎりまで切り詰めるということは、画像のシャドー端を(R,G,B)= 
  (0,0,0)に、ハイライト端を(255,255,255)に近づけること。

 ◎桜の花など白に薄く色がのっているような被写体は、AWBでは色かぶりとカメラが判断し、逆に補正することがある。  (ピンクを薄緑に補正) 白に薄く色が載っている被写体は要注意。

 ◎JRのロゴのうち、白抜きのものはグレーバランスツールのスポイトポイントに使える。

 ○倍率色収差は赤と青がセットで出現する。フリンジは片方のみ紫色がでる。

 ◎DSPro5はノイズ抑制を強化している。DSPro5で立ち上げただけで(ノイズ除去操作をせずとも)暗部ノイズがかなり  抑制されていた。つまり、プラス補正して暗部をもち上げてもノイズが現れにくいことが期待できる。

 ○ノイズ除去とノイズキャンセラの違い:ノイズキャンセラは、シャープをかけた後に出るノイズを除去するためのもの。    (シャープ処理をしないのであれば必要なさそう。)

 ◎ノイズ処理に対する考え方の提案:輝度ノイズを消した後、解像感を損なわないぎりぎりまでノイズ除去してプリントで  確認する。プリントでOKならばそれ以上のノイズ除去は追及しない。解像感保持を優先した考え方。

 ◎カメラのイメージセンサーによって画質が決まるわけでは必ずしもない。センサーのマイクロレンズで電荷を測定して   変換器でアナログからデジタル信号に変換するがここのノイズシールド性の問題もある。AIサーボ作動中にシャッター  を切った場合など、ノイズを拾うことがある。レンズとボディーの組み合わせの問題もある。(つまり、シャッターを切る際  には、その他の余計なことをカメラにさせないことが画質向上につながるということか。。。)

特に暗部ノイズ抑制強化はスゴそうです。本件、別途DSPro5のインプレッションで書きたいと思いますが、ひょっとしたら撮影のし方が180度、とは言わないまでも30度くらいは変わりそうな予感がしています。
その一方で最後の2項目にあるように、ノイズとの付き合い方をもう一度考え直してみようと思いました。

次回、「カラーマッチング編」につづく。
[PR]
by 1969lost_found | 2011-03-06 18:56 | 画像処理 | Comments(8)
Commented by hono-masu at 2011-03-06 20:36
EOS学園で講義を聴くようになってから私も撮影スタイルが変ってきました。

以前は画像データに関わる部分において、撮影時は白飛びと露出だけを気にして、
あとは現像時に調整をしていました。
(恥ずかしながら・・・)

今習っている先生から現場でキチッっと完成形に写すようにと教わっています。

私の場合、270度くらい変ったかもしれません。
Commented by fine88 at 2011-03-06 21:17
すごく参考になるテキストですね。
しかし現像&レタッチソフト、モニター・・・カメラの世界は様々な沼が待ち受けていますね(^_^;)
他にも三脚沼やカメラバッグ沼・・・きりがないですね(笑)
特にモニターのカラーマッチングは個人的にもかなり気になっているので、次回も楽しみにしています(^^ゞ
僕の場合、モニターの画像とキタムラプリントではかなり印象が変わるので結構考えてしまいます。
Commented by A.Yuasa at 2011-03-06 22:36 x
このカラーマッチングの問題、今一番悩みどころです。
まあ前にも書きましたが、私の色覚自体に若干の異常を抱えている人間として、何処までが正しいのか絶対的基準自体が違っていると言う点ですね。
それが客観的に補正出来る様なものでも無いし、まあ精々よりベターな方向へ持って行けるかどうか程度でしょうね。
まあ今の処は余り神経質考えないというか、かなり大雑把な処で押さえています。
Commented by 1969lost_found at 2011-03-07 21:19
hono-masuさん
現場でキチッと完成形。。。全くその通りです。プリントしているとわかるのですが、結局使いものになる画像ってキッチりとれているものなんですよね。
私はプリントを本格的に始めてから270度くらい変わりましたよ。(笑)
Commented by 1969lost_found at 2011-03-07 21:25
fine88さん
数々の沼を乗り越えてきましたが、最後の最も深い沼にズッポリハマってます。(汗)
モニターとプリントのマッチングは、いくつか選ぶ道があると思います。fine88さんのように店プリを活用するのも一つですし、自家プリントの道もありますよね。実は、自家プリントの方がマッチングは多少ずれていてもかまわないと思っています。結局プリントを見て判断しますので、数をこなしているとズレ幅が頭に入ってきます。
Commented by 1969lost_found at 2011-03-07 21:28
A.Yuasaさん
RAW現像をやっていると「いじりすぎ」になりがちですよね。
私もかなりいじりすぎていると、一応自覚しています。
撮影時にキッチリ撮影して完成まで追い込み、ストレートプリントで完成、というのが理想ですが、現実はなかなか。。。
Commented by fine88 at 2011-03-09 01:18
1969lost_foundさん、ちょっとお聞きしたいのですが、
ちゃんとプリントしようとするとどのランクのプリンターが必要ですか?
お店プリントとプリント紙を買ってプリントするのではコストはどのくらい違いますか??
プリント紙も色々とランクがありますよね。
キタムラのプリントは満足いかない場合でも、仕上がりを参考にPCで調整するとちゃんと思い通りにプリントされるときもあります。
キタムラでも調整はしてもらえるみたいですが・・・。
プリンター買ってコストや仕上がりの面で満足できるのならプリンター買うのもいいですね。
ただお店のプリントはやっぱり仕上がりの面ではいいのでしょうか?
Commented by 1969lost_found at 2011-03-09 20:12
fine88さん
プリンターですが、プリントしてすぐに結果を確認したいならば顔料ですね。顔料となると自ずと機種は限られます。キヤノン、エプソンそれぞれから1~2機種出ているはずです。
色が安定するまで時間がかかってもかまわない(一晩くらい)なら染料ですが、これは選択肢が多いと思います。A3ノビもプリントできる上級機種もよいですが、最近の複合機のフラッグシップ機もかなり良かったです。1年半前にプリンタ購入検討のためにメーカーショールーム廻りをしたのですが、キヤノンのMP980という複合機のプリントがきれいだったのは驚きました。結局私はせっかちなので、すぐに色が安定する顔料を選びましたが。
コストですが、初期投資を除いたランニングコストに関しては、家では2L以上しかプリントしませんのでL版のコストはわかりません。たぶんキタムラの300枚以上割引きなどを利用すれば、店プリの方が安いかもしれません。2L以上なら自家の方が安いと思います。
仕上がり面ですが、個人的には同じくらいだと思っています。確かに店プリは印画紙プリントで光沢もきれいですが、自家のプリントでも十分満足しています。
名前
URL
削除用パスワード