40歳のLOST&FOUND

タグ:FlexScan SX2462W-HX ( 1 ) タグの人気記事

RAW現像とカラーマッチングに関するセミナー(おまけ編)

というわけで(笑)、FlexScan SX2262Wを購入しました。当然、EIZO EasyPIX Ver2.0とのセットで。
さっそくモニターを設置してみましたが、これが意外とデカい!これまでも22型を使用してきましたが、サイズは十分すぎると思っていたので今回も同じ大きさなのですが、箱からしてすごくデカいです。
それもそのはず、上下&回転可動式になっているため、スタンド部がしっかり作られています。ホイホイ持ち運ぶものではなさそうです。

設置自体はとてもカンタン。ケーブル類をつないでPCを立ち上げたら、そのまま使えました。以前は画面のプロパティかなにかで、設定をあれこれいじって苦労した記憶がありますが、そんな必要は一切ありませんでした。

続いて早速キャリブレーション作業へ。付属のセンサーを使ってこんな感じで作業していきます。
a0132635_21484788.jpg


まずはセンサーでプリント紙の白色点を測定し、そのあと目測で微調整をします。ここで問題となるのが、以前の記事にも書いた照明です。上の画像では、プリント紙を置く台を設置し、上からありあわせの電気スタンド(3波長昼白色蛍光灯)で照らしてみました。ちなみにプリント紙を置く台は、100円ショップで買った木製イーゼルとバインダー、トータル210円で制作しました。(笑)
目測微調整は、慣れないと結構てこずります。ちょっと調整しては離れてぼんやり眺めて、を繰り返すことでそれなりに合っていると思えるようになりました。

これができれば、あとはセンサーを画面にセットしてキャリブレーション作業を行うだけです。所要時間は、箱を開けてからなんと30分足らずで終了してしまいました。(驚)
結果はこんな感じです。
a0132635_2159413.jpg


光の当たり方の関係で、画像上は若干差異は見られますが、実物はほぼドンピシャです!驚きです!こんな簡単でいいのだろうか?専用キャリブレーター付きで実勢価格5万円台。レンズ買わなくて良かった!もう多くは申し上げますまい。。。

今回もう一つ便利だと感じている機能は、ボタンで簡単に表示モードを切り替えられることです。上記手順でキャリブレーションをした設定を、ユーザー設定として保存できます。
一方で、一般的なweb画像をきれいに表示するs-RGBモードも同様にボタンで簡単に切り替えられます。
こんな感じです。
a0132635_2294130.jpg


今後は、写真ブログの閲覧や、自ブログへのアップロード用画像の現像はs-RGBモードで、プリント用現像はキャリブレーション済みモードで、と使い分けて行こうと思っています。

とりあえず(完)
[PR]
by 1969lost_found | 2011-03-23 22:14 | 画像処理 | Comments(10)